35歳からのコラーゲンLife〜若さと美貌を保つ秘訣

粉末、ゼリー、ドリンクetc...いろいろあるけれど

肌や骨・関節に効果を実感するために必要な1日あたりのコラーゲン摂取量は1日5〜10gです。 これだけの量を食事からだけで摂取するのは難しいので、コラーゲン習慣にはサプリメントの存在は欠かせません。

しかし、コラーゲンを含むサプリメントは本当にたくさんあります。

どれを選んだらいいの?

・錠剤、粉末、ゼリー、ドリンクetc...どれがいいの?
・動物由来と魚由来どっちがいいの?
・低分子化されている方が吸収がいい?
・コラーゲン以外の美容成分が入っているものは?
・やっぱり有名な商品のほうが安心?

どうやって星の数ほどあるコラーゲンサプリから選んだらいいのか?その指標にすべきものをここでは紹介したいと思います。

コラーゲンが3g以上摂取できること&続けられること

まず、コラーゲンサプリを選ぶときに一番重要なのは「コラーゲンの含有量」と毎日続けても負担にならない「商品の価格」です。 この2つでまずはふるいに欠けましょう。

普段の食事から平均して1.9gのコラーゲンが摂取できているので、残り必要なのは3.1g。この足りない分をコラーゲンサプリで補いたいので、 コラーゲンを3g以上含有しているサプリメントが望ましいです。

となるとこの時点で粉末かドリンクしかありません。

この2つのうちどちらが費用対効果がよく毎日続けられそうかというと粉末です。ドリンクはちょっと割高です。 というわけで、「コラーゲンサプリは粉末タイプがベスト」というのが当サイトでのファイナルアンサーになります。

ちなみに、コラーゲンペプチドは粉末で摂ろうが、ゼリーやドリンク、錠剤で摂ろうが効果は変わりありません。 「コラーゲンドリンクは即効性が違う!翌朝ぷるぷる♪」なんて謳い文句を並べているところもありますが、関係ないです。

粉末タイプの場合は、料理に混ぜたり、ジュースに混ぜたりしてコラーゲンを摂取するわけですが、何にでも混ぜられて摂取しやすいというメリットがある反面、 コラーゲンを混ぜてしまったものは味が落ちるというデメリットがあります。

まぁこれは仕方ないですね。

個人的な経験からいわせてもらうとできるだけ無味無臭のほうがいいです。余計な風味がついているものは混ぜた際にクセとして残るので、まずさが際立ってしまいます。

粉末タイプのコラーゲンで優劣をつけるものは何か?というと製法の違いです。動物由来とか魚由来といった原料の違いでもなく、 分子の量も関係なく、一番大事なのは酵素分解のしかたなど製法の違いで、これがコラーゲンペプチドの質を決定付けます。

・独自の研究施設があるか?
・誇大広告、誇大表現をしていないか?
・原料メーカーでなおかつ商品開発&販売もしているところ

といった点をチェックして信頼できるメーカーの粉末コラーゲンを購入するのがいいのではないかと思います。

コラーゲンサプリの選び方についてよくある質問

肌によさそうな美容成分がいっぱい配合されているものはダメ?

悪くはないと思いますが、コラーゲンの質に自信がないからいろんな美容成分を詰め込んで誤魔化しているような気がします。 コラーゲンの含有量も中途半端な量になるのではないでしょうか?

豚由来がいいとか、魚由来は安全だとか聞くけど?

豚由来のペプチドを配合していれば豚由来の優位性をアピールしますし、魚由来のペプチドを配合していれば魚由来の優位性をアピールするのは販売側の都合です。 原料については差はないと思ってください。

通販番組でやっているコラーゲンゼリーってどうなの?

ゼリーは美味しく食べられるというメリットがありますが、味付けをしている分、余計な糖分が入っていることや添加物が気になります。 余計な糖は糖化を促進しますし、ゼリータイプはコラーゲン含有量も少なかったはずです。

粉末のコラーゲンは何と混ぜるのがおすすめですか?

コーンスープや牛乳、ヨーグルトといった乳製品と混ぜると違和感ないと思います。ジュースと混ぜるとゼラチンを入れた感じになりますね。 紅茶とかお茶などの繊細な味のものとは混ぜないほうがいいです。ご飯やみそ汁に混ぜるのは怖いのでやってません。

「コラーゲン習慣をはじめる」のその他コンテンツ