35歳からのコラーゲンLife〜若さと美貌を保つ秘訣

コラーゲンの効果を実感するための摂取方法があります。

コラーゲンが美容や健康に効果があるということがわかったうえで、次の問題はどうやって摂取すればいいの?ということですよね。 1日どれぐらいの量のコラーゲンを摂取すればいいか、いつ摂ればいいか?など疑問があると思います。

コラーゲンペプチドの効果的な摂取方法

・1日の摂取量は?
・効果が出るまでどれぐらいかかる?
・いつ摂取するのが効果的?
・コラーゲンを多く含む食材は?サプリメントってどうなの?

その他、よくある質問にも答えたいと思います。

コラーゲンの1日の摂取量、期間、時間について

まず、1日に摂取したいコラーゲンの量ですが、肌に対して効かせたいという場合は1日5g(5,000r)、骨や関節であれば1日10g(10,000r)が目安になります。

20〜50代女性が普段の食事からどれぐらいコラーゲンを摂取できているかというと平均して1.9gです。全然足りてないということがわかると思います。

コラーゲンを多く食材をもっと摂取するという方法もありますが、コラーゲンを多く含む食材は例外なくカロリーも高いですし、かなりの量を食べないといけなくなるので、現実的な方法とはいえません。

毎日コラーゲンを摂取しやすいように抽出・濃縮したサプリメントを利用しないと効果を実感できるだけのコラーゲンを摂取することはできないと思います。

効果が現れるまでの期間ですが、これは以前にも説明しましたが即効性があるものではないです。いろんな研究データを見る限りは4週間経ったぐらいから数値として 明らかに変化がでてくるようなので、1か月はかかると思ったほうがいいと思います。

どれぐらいの頻度で摂取したほうがいいのか?ということについては、1日でコラーゲンペプチドの血中濃度が消失してしまうことを考えると、毎日が理想です。 毎日コツコツ摂取して細胞を活性化させる命令を出し続けることが必要になります。

一週間おきに摂取したほうが効果的という話も?

M'sクリニック南麻布院長の美容皮膚科医・伊藤まゆ先生監修のもと、テレビ番組で行われた検証では、毎日5000rを1週間おきに摂取したほうが肌力がアップするという結果になってました。 詳しいことはわかっていませんが、これが事実だとすればペプチドの血中濃度は消失しても細胞を活性化させるシグナルはしばらく続くということがいえるのかもしれません。

コラーゲンを摂取するタイミングについては、特に指定があるわけではないです。ただ、オルニチンやアルギニン、リジンといったアミノ酸は夜寝る前に摂取すると、 成長ホルモンの材料になるので、就寝前に摂取すると効果があがるといわれていますから、コラーゲンペプチドも同様のことがいえるかもしれません。

コラーゲンドリンクを飲むという場合は、夜寝る前がいいのではないでしょうか?

コラーゲンの摂取方法についてよくある質問と回答

1日5gという根拠はなんですか?

1日どれぐらい摂取したら効果があるのかという試験はいろいろと行われており、そうしたデータを統合すると 1日5g以上から肌の水分量やハリ・弾力などに変化がみられるということが確認されているからです。※骨、関節の場合はこれが10g。

コラーゲンを多く含む食材は?

はも皮、うなぎのかば焼き、牛すぎ、鶏砂肝などに多く含まれています。こうした食材からコラーゲンを摂取することはできますが、 1日5g以上を毎日摂取できるか?というとかなり難しいと思います。

サプリメントで摂取するのがやっぱり効果的?

粉末タイプのものであればコラーゲン5gが大さじ1杯の量で摂取できますから、かなり効率がいいといえます。 20kcal前後で摂取できるので、太るといった心配もいらないと思います。錠剤やゼリータイプは微妙です。

コラーゲンの摂りすぎという問題は起こりませんか?

腎臓や肝臓が弱い人は大量のタンパク質摂取が負担になることがあります。ただ、そうなるには相当の量を食べないとなりません。 現状、1.9gが平均ですがそれが1日5〜10g程度に増えたところで特に大きな問題が起こるとは思えません。

「コラーゲンの機能性」のその他コンテンツ